純国産の仮装通貨 monacoin(モナーコイン)爆上げ!その理由は?

こんにちは!管理人のパンです(^^)

Zaifトークンが順調に下がっていくのと反比例して、monacoin(モナーコイン)がめちゃくちゃ上がっております。

 

https://zaif.jp/

 

 

monacoin(モナーコイン)とは?

 

モナーコインとは、日本の巨大掲示板サイト『2ちゃんねる』のソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初の仮想通貨です。トークンシンボルは「MONA」です。

 

モナーコインは、あのLitecoinをベースにしていて、ブロックアルゴリズムはLyra2REv2(450,000ブロック以前はScrypt)を使用しています。

1ブロックにつき50 MONAのBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、ブロックが

 

生成される時間は平均90秒。発行量の上限は1億512万MONAです。

 

NEMが90億枚、Rippleが1,000億枚であるのを考えると、モナーコインは枚数上では希少性が高いというイメージですねԅ( ˘ω˘ԅ)

 

モナーコインの由来は、2ちゃんねるで有名なあのAA(アスキーアート)キャラクター「モナー」から☆

モナーは、2ちゃんねる内の厨房板というスレッドで「お前らも暇な奴らだなぁ」とのセリフを吐いたところに「おまえもな」とアンサーする形で登場。当初は三角耳ではなく、丸耳だったそうな(´ω` )

 

 

モナーコインの用途

モナーコインは、ニコニコ動画やpixivといったサービスで活動しているクリエイターが、自分のプロフィールなどにモナーコインのウォレットアドレスを掲載しておき、作品を見た人達がそのアドレスにモナーコインを送金するというような、クリエイターに対しての投げ銭として使われる事があり、「投げMONA」などと呼ばれたりしてるんです。

 

 

最近では、Twitter(Tipmona)で誰にでもモナーコインを問答無用で送りつけることができるようになったみたいなので、トランプ大統領が北の刈り上げ豚を倒したあかつきには、トランプ大統領のTwitterアカウントにモナを送りつけてやろうかと考えております⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ www

 

 

安倍総理のTwitterアカに大量のモナーコインを送りつけたら、森友・加計問題みたいに発展するかなーとか、非常にアホな妄想を一人しているパンなのでした(´▽`) ‘`,、’`,、

 

また、モナーコインには下記のように実際に商品を買うことのできる場所があるんですね(*^^)

 

Bitcoinmall(ビットコインモール)

https://bitcoinmall.jp/

 

現在、取り扱っている商品ラインナップは、

AV機器・カメラ・情報家電、OAサプライ、パソコン・関連商品、生活家電、キッチン用品、生活雑貨、スポーツ用品、ホビー・ゲーム・おもちゃ、ゲーム機周辺機器、フィギュア・人形、ラジコン、楽器・電子楽器オプション、その他楽器・電子楽器、装飾用コイン、ボード・テーブルゲーム、電子玩具、その他おもちゃ・玩具、カー用品、業務・工場用品

と、どんどんアイテムが増加していて、これからが楽しみなECサイトです(ノ*’ω’*)ノ

商品ページの右サイドにはこんな感じで

 

 

仮想通貨のレートが記載されており、変動の激しい仮想通貨の現在の価値をやさしくお伝えしてくれています☆

 

別荘も買えちゃう!?

 

もっと驚くことに、2014年には長野県野尻湖畔の別荘地『野尻湖グリーンタウンさくらヶ丘』の一区画を5,000monaで売りに出している人までいたんですから、モナーコインのポテンシャル、恐るべしですね(ૢ˃ꌂ˂⁎)

2ちゃんねる発祥の仮想通貨『モナーコイン』で別荘地を売りたい人が現れる

 

そんなモナーコインですが、価格の急騰には理由があります(^^)

 

モナーコイン爆上げの理由

10/2にモナーコインがBitflyerに上場したのを皮切りに価格の大きな上昇を見せています。

 

さらに、海外の大手取引所であるポロニエックスでの上場が噂されており、モナーコインに対する認知度の飛躍的な向上が一因と言えるでしょう。

 

この認知度の向上に伴い、仮想通貨市場で約60%のシェアを占める日本人による関心度の高さと、日本産であるモナーコインとの親和性の高さが買い圧力を増し、また、「新たな取引所への上場」という分かり易い要因が仕手筋の行動の大義とうまくマッチして、ここまでの爆騰になっていると考えられます٩(๑❛ʚ❛๑)۶

 

 

モナーコインを国内で安く手に入れるならこちら↓

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です