仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)とは?

litecoin,ライトコイン,仮想通貨

こんにちは♪管理人のパンです。

Ethereumの価値推移が下落気味のこの頃、仮想通貨関連のチャットでビットコインリスクの逃避先としてLitecoinについて取り上げられることがチョロっと高まっています。

Litecoinの通貨単位は「LTC」です。

今回はそんなLitecoinについて調べてみました。

 

ピア・ツー・ピアの仮想通貨

 

Litecoin はピア・ツー・ピアのインターネット通貨になります。ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。中央集権型とは異なる完全分散型であり、オープンソースでグローバルな決済ネットワークとなります。

数学によりネットワークの安全性を確保し、個々人による財政管理能力を高めています。主要な数学ベースの通貨と比べ、トランザクションの確認時間が短く、ストレージの効率性に優れているのが特長です。業界による多大な支持、取り引き量、流動資産などの実績を見てわかるように、Litecoin は Bitcoin を補完する商取引媒体となります。

参考:https://litecoin.org/

 

 

Litecoinプロジェクトが考案され、ビットコインのコミュニティのメンバーの支援を受けてチャールズ・リーが開発しました。これは、事前に発表され、ビットコインのピア・ツー・ピア・プロトコルに基づいて、10月13日、2011年に発足しました。ライトコインは、ビットコインの実装に対する改良として、その開発チームによって閲覧機能の数をもたらします。

主な特徴は、使用されたscryptその実証の仕事アルゴリズムとして。実証の仕事アルゴリズムは、トランザクションの「ブロック」を「証明」するために、コンピュータのネットワークが解決しようとする計算挑戦を作成します。scryptはTarsnap社のコリンパーシバルによって2009年に開発され、そしてた-ビットコインのSHA-256Dとは対照的に-その計算を実行する際に大量のメモリを必要とすることによって、ハードウェアのスケーラビリティを阻害するように働きます。この変更は、効率アップと、そのような特定用途向け集積回路(ASIC)などのカスタムハードウェアを開発する為の経済的インセンティブを減らします。

ASICは、任意の目的の為に採用され、Litecoinの為に導入される可能性が高いですが、scryptの使用は、この変更を遅らせ、その値と弾力性に分散型の通貨をもたらす鉱山(コイン生成の場)で、分権を保存する必要があります。

第二の重要な特徴は、平均で2.5分を対象に減少し、取引確認時間です。ビットコインは、多くの場合、推奨される平均かつ合理的な安全対策上のすべての10分は、1〜2時間を待っているわけ取引を確認します。ライトコインの速い確認は特に時間に敏感な状況で、彼らの財政への高速なアクセスをエンドユーザーに提供します。

他のビットコインのパラメータは、このような難易度の変化の間のブロックの数、およびブロック報酬半減イベント間の年数として、変わっていません。これは、Litecoinは、すべて3.5日程度の難易度の変化があり、84百万litecoins-4ビットコインの通貨単位の倍の数の合計を生成することを意味します。

この数学ベースの通貨はその採用の増加を見ています。MtGox(世界有数のビットコイン交換)による最近の発表は、そのポートフォリオにライトコインを統合していると述べました。このニュースは、ライトコインの上に憶測の多くを点火し、そして最終的に価値の大幅な上昇に繋がりました。2013年4月の時点で、ライトコインは$ 81万ドルのピーク時価総額に達しました。その時の為替レートが2.5〜4.5米ドルの取引高でした。

ライトコインの算出が20%のみに留まっているのに対し、2013年5月の時点で、ビットコインの50%以上が、採掘されていました。ライトコインの最初の報酬半減は4200万Litecoinsが循環中になり、その時点で、2015年10月あたりに発生します。

ライトコインのプロジェクトは、現在サポートして成長している大規模なコミュニティで、チャールズ・リー率いる6つのソフトウェア開発者のコ​​アグループによって維持されています。

 

参考:https://litecoin.info/Litecoin

 

という感じで、要するにLitecoinはビットコインの性能を全体的に良くした感じの仮想通貨です。

このLitecoinですが、2011年頃の公開当初は1LTCあたり350円という値段でしたが、ユーロ圏のキプロスで金融危機が勃発した際に、自国の通貨を引き出せず困った人々がビットコインATMから現金化するという動きが高まり、ビットコインの高騰に連動してLitecoinも大きく値を上げました。

 

Litecoinは他の通貨と比べると、個性がおとなしめな印象ですが、今後、大幅なアップートがあれば、大きく化ける可能性もあります。

(私は現時点ではNEMを一番多くもっていますし、NEMが一番好きなアルトコインですけどね^^)

 

Liteコインは本家サイトでも入手可能ですが、手軽に買うならコインチェックをおすすめします★

私の押しコインのNEMもここで買えます♪

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【明日職場や学校でドヤ顔するための豆知識】

仮想通貨Litecoinとは・・・

・通貨の単位は「LTC」
・トランザクションの確認時間が短いのが特長
・ストレージの効率性に優れているのも特長
・基本的な仕組みはビットコインと同じでビットコインのちょっとした強化版的なアルトコインだけど個性が弱い

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です