ブロックチェーンというヤバイ仕組み

ブロックチェーン仕組み

世界の歴史を顧みると、常に情報の伝達が社会の仕組みに革命を起こしてきました。

 

人類の歴史とは、情報のバトンリレーとも言えます。象形文字を粘土板や壁に刻んで情報を後世に残し、その後、現在使われているような文字が発明されました。

 

そして、印刷技術の発明がされ、情報伝達の範囲は大きな広がりを見せました。1990年代、インターネットの拡大によりその動きは加速を極め、世界中のどこへでも瞬時に情報を送ることが可能になったのです。

ただし、インターネットでは、価値の伝達を第三者の仲介なしに行うことは難しいと言われていました。と言うのも、どうしても不正や改竄の恐れがあるからです。

 

しかし、ブロックチェーンを備えたビットコインがこれを実現しました。2009年の運用以降、何度か悪意の第三者による攻撃を受けたにも関わらず、ビットコインは一度も攻撃によるダウンを経験することなく稼働し続けています。

 

ブロックチェーンのすごさはまさにこの「価値」を送ることができる点にあります。

 

ブロックチェーンを採用しているビットコインには管理者がいません。 つまり、全体を管理する人も中央に決まったサーバーもなく稼働し続けているということです。

 

これは、これまでの多くのシステムと異なります。ブロックチェーンの仕組みを作ったとされるサトシ·ナカモト(中本哲史)は、銀行などの管理者が存在する従来の通貨システムに懐疑的でした。「中央銀行は通貨の価値を毀損しないと思われているが、通貨の歴史とはその信頼への度重なる違反の事実である」と述べています。まぁ、サトシ・ナカモトは日本人の名前っぽいですが、偽名だと言われています。

 

これを受け、ブロックチェーンを採用しているビットコインでは、通貨の供給量の上限があらかじめ決められており、中央銀行(管理者)による政策にその価値を左右されないための仕組み作りがされています。

 

ブロックチェーンを採用しているビットコインの中心にあるのは、人ではなく一連のルール(プログラム、プロトコル)です。こ のルールに従って淡々とブロックチェーンは動き続けています。

 

そして、その一連のルールには、送金の方法、マイナー(ビットコインってパソコンで発掘できるんですよ)がどのように報酬を与えられるのかのルール、取引が枝分かれした場合の処理の手順、ビットコインの上限の量などがあります。

 

このようなシステム全体の中心に管理者ではなく、ルールを置く組織体制を「自律分散型組織、DAO (Decentralized Autonomous Organization:ダオ)」と呼びます。 ビットコインもDAOの一種です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です