ブロックチェーンの「ブロック」と「チェーン」って?

ビットコインの普及に伴い、最近巷で「ブロックチェーン」という言葉を耳にする機会が少しずつ増えてきたと思います。

 

 

前回は、ブロックチェーンの仕組みを簡単にお話しました。

 

 

じゃあブロックチェーンの「ブロック」と「チェーン」て何だ?っていう話を今日はしたいと思います。

 

 

 

ブロックチェーンの「ブロック」とは?

仮想通貨、例えばビットコインの取引は、過去から現在まですべて まですべて記録されており、一度記録したら書き換えることができません。

 

 

ブロックチェーンの 「ブロック」とは、この全期間のうち「ある一定期間(平均)の 取引情報を記録したもの」です。要するにかたまりをイメージしやすいようにブロックと呼んでいるわけでございます。

 

 

ブロックチェーンの「チェーン」とは?

過去からのすべて 定期間(平均)」ごとに区切って、それぞれブロックの固まりをつなげて処理を行っていきます。

 

ビットコインの取引は、ハッシュ値(暗号学的 ハッシュ関数によっ て計算された値)でつながれたブロックに格納されます。

 

取引はタ イムスタンプやバージョン情報などと共に鎖状に記録されていきます。このように鎖状につながっているので、一度ブロックに取り込まれた(閉じ込められた)取引データの内容を書き換えることは、非常に難しい仕組みになっています。

 

また例え、ブロックの中の情報を書き換えることい成功したとしても、ブロックをつなぐ鎖の部分の情報についても前後関係を書き換える必要が出てくる為、それらをすべて書き換えることは理論上、とてつもなく難しい行為なんですねぇ。

 

 

そして、ブロックの処理を行いながら、次のブロックが継ぎ足さ れていくのが特徴です。

 

これまでようなの中央サーバーを用いた取引では、「過去の取引きを確定してから次の取引き」という順番ですが、ブロック チェーンの場合、取引きが確定しなくても次に進みます。その結果、 取引き履歴が枝分かれしてしまった場合、「一番長いチェーンが正しいもの」というルールの下、それ以外の枝分かれしたチェーンを自動的に破棄する仕組みになっています。

 

ブロックは、ビットコインの場合、およそ約10分ごとに1ブロックが生成されます。生成されたブロックはP2P (ピアツーピア)ネットワークを介して他のビットコイン参加者に共有されます。

 

 

【まとめ】
・ブロックとは、ある一定期間の取引情報のかたまりのこと
・チェーンとは、取引の前後関係が鎖のようにきっちりつながっているということ
・ブロックチェーンとは、10分単位(ビットコインの場合)のかたまりが鎖のようにつながっているということ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です