仮想通貨とは

仮想通貨

 

仮想通貨とは、実体をもたずインターネット上で不特定多数の相手間で物品やサービスの対価に使用でき、国の中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず、専門の取引所を介して実際のお金と交換が可能なデータ上のお金のことです。

一部、前述しましたが、仮想通貨、例えばビットコインは普通の通貨と違う点が2点あります。

(例外もありますが、それは追々説明します)

それが下記です。

 

1、発行主体が存在しないこと

2、発行上限が決まっていること

 

1、発行主体が存在していない

これ、実はすごいことなんです。今までの通貨は必ず「発行主体」というものが存在していました。

発行主体とは例えば、日本で流通している円であれば、日本銀行が円を発行している主体です。

日本銀行のようにモノを買ったり、サービスの対価としてお金がお金としての機能を発揮するには、

このお金には価値がありますよ

と誰かがお墨付きを与えてあげなければなりません。

そのお墨付きを与える存在が、日本円であれば日本銀行なのです。

日本銀行が発行主体となり、日本銀行の信用力の下、法的効力をもって日本円はお金として機能します。

しかし、ビットコインはこのような発行主体は存在しません。

ビットコインが2009年に運用を開始してから、一部のイレギュラーはありましたが、基本的には

一部の特定の主体による管理下に置かれることなく運用し続けられています。

 

2、発行上限が決まっている

 

 

日本円のような法定通貨の場合、発行上限がない、つまり「いくら発行してもいいですよ」ということが

許されているので、多くの通貨を発行する事が可能です(景気やら政策やらで闇雲に通貨をバンバン発行することは難しいですが)。

モノの需要と共有の話からも分かると思いますが、一般的に多くの紙幣を発行するほど、お金の価値は相対的に下がっていき、インフレを

起こす可能性があります。

一方、ビットコインの場合は、発行上限が21,000,000BTCとアルゴリズムで決められていますので、日本円のような法定通貨に比べ、

景気などの事情によって、通貨の価値を思い通りに操作することが難しくなっています。

 

これらの2点が通常の貨幣と大きく違うところとなります。

特に1点目の中央に発行主体が存在しないという部分は、これまでの貨幣文化における大きな転換と言えます。

特にネットの世界では価値の証明を客観的に証明する上で、第三者の仲介無しでは不可能と言われてきました。

なぜなら、ネットの世界において、データの改竄や破壊などの脅威が常につきまとう問題があったからです。

仮想通貨に代表される「ブロックチェーン」という技術が、ネット世界におけるデータの改竄などの不正行為を防ぎ

将来的になくてはならない技術、新しい当たり前となって私たちの生活に浸透していくことは想像に難くないでしょう。

次回はブロックチェーンについてご説明していきたいと思います。

 

 

【まとめ】
・仮想通貨は発行主体が存在しない
・ビットコインは上限が設定されている
・ただし、仮想通貨の中には上記2点の例外となる通貨もある

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です