ブロックチェーンとは

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ビットコインに代表される仮想通貨の仕組みを支える根幹と なる技術のことです(仮想通貨のすべてにこの技術が取り入れられているわけではありません)。

 

現在、世の中にある数多くの情報システムでは、 中央にサーバーを置いて個々のクライアントマシンが中央サーバーによってコントロールされるいわば中央集権的な管理を行う仕組みを採用しています。

 

例えば、金融機関の取引データなどもこの仕組みで管理 されています。

 

これに対し、ブロックチェーンは、P2P (ピア・ツー·・ピア)ネットワークを用いて管理する「分散台帳」というものを採用し ています。

 

ビット コインの取引は、過去から現在まですべてを記録して公開されています。

 

データをブロックのようにまとまった塊にして、それをチェーンのように繋げて誰もが公開・閲覧できる 状態にしておき、お互いに監視させる仕組みを採用しています。これによってネットの世界でよく問題となる、悪意のある第三者からのデータ改竄などを防ぐことができます。

 

多数のビットコインのネットワークの参加者でこの取引記録を共有している為、一部のデータが損なわれたとしても、ほ かの参加者のコンピュータ(ノード)で再生できるのでデータ消失の心配がありません。

 

 

つま り、このブロックチェーンのおかげで管理者不在のまま、一度も停止 することなくシステムが動き続けているのです。

 

 

最近ではこのブロックチェーンという技術に着目して、さまざま な研究開発が進められています。ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の開発や金融、不動産、そしてエンターテインメントやシェア リングビジネスなどのあらゆる分野に応用する動きが加速していま す。さらに、各国の政府や中央銀行もこのブロックチェ ーン技術に 着目し始めており、独自のデジタル通貨を開発しようという動きもあるのです。

 

 

日本においても例外ではなく、仮想通貨法(情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案)が 2017 年 4月1日に施行される流れとなっています。

 

 

このように仮想通貨を私たちの生活の中に積極的に取り入れようという気運が高まっているみたいですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です